2011年10月29日

shelf『構成・イプセン― Composition / Ibsen』

Ibsen_omote500px.jpeg


shelf『構成・イプセン― Composition / Ibsen』

原作
ヘンリック・イプセン

構成・演出
矢野靖人

出演
川渕優子 三橋麻子(Ort-d.d)
櫻井晋 春日茉衣
鈴木正孝(一徳会/K・A・G) 沖渡崇史(一徳会/K・A・G)

2011/10/21(金) 〜 2011/10/29(土)
atelier SENTIO

■演出ノート01
人間の“自我”や“内面”というものが発明された時代の、言いかえればまだ“近代的な人間観”が成立していた時代の、強固で骨太なドラマを持ったイプセン戯曲を題材に扱いつつ、今やコワレテしまっている現代の人間の内面の在り方を描きたい。
戯曲のテキストに対し、登場人物とは違う距離でそれを扱う俳優を登場させることで、(今回の「幽霊」には戯曲の登場人物以外の俳優が出演します。)現在の視座から、いまや廃墟となったイプセンのドラマを眺め直すことが出来るのではないか。
問題はテキストと俳優の距離感だ。様々なレンジでテキストと向き合うことが出来れば、上演は成功すると考えている。きっと壊れた現実を修復する作業ではなく、修復しようとする作業を、あるいは現実がコワレテイルというその様を空間に塑像していくような作業になると思う。

■戯曲「幽霊」 について
ギリシャ悲劇にも比せられるイプセンの傑作。三幕の家庭劇。愛のない結婚を否定しつつも、因襲的な観念に縛られて放縦な夫のもとに留まり、夫亡き後も家名を守るため偽善に終始してきたアルヴィング夫人。夫の偽りの名誉を讃える記念式典を前に、可愛い一人息子のオスヴァルが、病を患って帰ってくる。帰国した息子は夫人の召使いのレギーネを自分の伴侶にと望むが、彼女が他ならぬ彼自身の異母妹であることを知らされる。親の犯した過ち。その償いをさせられる子。誰もが無自覚なままに繰り返される悲劇。―――法や道徳、宗教への不敬、近親相姦や自由恋愛の擁護、性病など当時の社会ではタブーであった様々な題材を取り扱いながら、近代以降の人間の精神の在り様に迫る、イプセン代表作の一つ。

shelf
posted by off-theater at 14:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

ボタタナエラー『モンモンハウス』

botatana.jpg


ボタタナエラー『モンモンハウス』

作・演出
村田与志行

出演
東俊樹(SPINNERS) 櫻井晋(shelf)
佐瀬弘幸(SASENCOMMUN) 関藤隆治
大間剛志(HUSTLE MANIA) 中野博文(忍びこみ)
畑雅之 広瀬貴史(tecconick) 村田与志行
川崎桜 高橋唯子 高見綾(ACOLT)
古川直美 松下知世

2011/07/27(水) 〜 2011/07/31(日)
下北沢 「劇」小劇場

組長がかつて住んだ屋敷の、敷礼ゼロのお得なお部屋。
今夜もゴロゴロ、月見酒。「やれん渡世じゃのう」

あらすじ
ヤクザの組長がかつて住んでいた屋敷が舞台。組長は他界しており、組も解散していて、現在は(組長の)長女とその夫、次女が住んでいる。屋敷の敷地内には使われていない離れ家があり、長女の友人が所属するボランティア団体から、一時的にその離れ家に、ホームレス状態にある若者を住まわせてほしいと頼まれる。

ボタタナエラー
posted by off-theater at 18:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

shelf『[untitled]』

shelf_vol11_omote.jpg


shelf『[untiteled]』
SENTIVAL! 2011 参加作品

構成・演出
矢野靖人

ムーブメント協力
阿竹花子

出演
川渕優子 櫻井晋
春日茉衣 たけうちみずゑ(chon-muop)
小山待子(zacco) 中野敬介
武田祐美子 金原並央(害獣芝居)

2011/06/02(木) 〜 2011/06/05(日)
atelier SENTIO

日常という言葉の意味が変わってしまった。無条件に与えられるものでなく不断の努力のすえ獲得されるべきものであることが“分かって”しまった。

しかし、いずれ私たちは忘れてしまうだろう。きっとそのことを忘れてしまうだろう。

演劇は古典を扱うと新作を扱うとに関わらず、テキストに堆積している“私たちが忘れてしまった過去”の記憶を想起させる。あるいは、日常を突き放して、今一度見直す時間を作りだす。日常とはどのようなものであったか。日常とはどのようなものであり得るか。

ともすればそれは退屈な時間になるかもしれない。あるいはとてもイビツな時間になるかもしれない。どうなるか分からないが、僕はただ、出来る限り今までと同じように、粛々と、自分にできることを行おうと思う。

一人でも多くの皆さまとお会いして、お話できればと思っています。ご来場心よりお待ちしております。

shelf

SENTIVAL!

SENTIVAL2011_flyer_face.jpeg
posted by off-theater at 19:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

La+laboratory #1 in Shizuoka

La+laboratory #1 in Shizuoka

『オイディプス王』

原作
ソポクレス

構成・演出
石井幸一

上演
一徳会/K.A.G


『S高原から』

原作
平田オリザ

構成・演出
岡田圓

上演
花傳[KADEN]


『芝居』
原作
S.ベケット

構成・演出
矢野靖人

出演
川渕優子 櫻井晋 春日茉衣 石原愛子

shelf


『天守物語』

原作
泉鏡花

構成・演出
渡辺亮史

上演
劇団渡辺

青空文庫 『天守物語』


2011/03/30(水)
静岡芸術劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」


La+(ラプラス)とは?

もっと日本の演劇の未来を面白くゆこう!と、いろんな企画を実行する演劇運動体。
2010年、日中韓の演劇人により催された第17回BeSeTo演劇祭関連企画「BeSeTo+」より派生した。
いろんな地域から集まった演劇人が、日本各地での移動演劇祭開催、ワークショップ、演劇的人材育成企画などなどを画策中。
今回の企画に参加しているメンバーは
石井幸一(一徳会/K.A.G)
岡田圓(花傳[KADEN])
志賀亮史(百景社)
鳴海康平(第七劇場)
矢野靖人(shelf)
渡辺亮史(劇団渡辺)  ・・・[五十音順]


La+laboratory #1 in Shizuoka とは?

演劇運動体 La+ による演劇実験企画の第一回開催。
東京、千葉、茨城、静岡を拠点に活動する6劇団約40名が参加。
今回は、静岡県舞台芸術センター芸術総監督 宮城聰氏により設定された演劇的テーマ「神」をもとに志賀亮史(百景社)、鳴海康平(第七劇場)が上演用戯曲を選択。
4つの劇団が、静岡県舞台芸術公園での5日間の稽古を経て、意見交換と成果発表を行う。


オイディプス王

東京ノート・S高原から (平田オリザ戯曲集) [単行本] / 平田 オリザ (著); 晩聲社 (刊)

しあわせな日々/芝居 (ベスト・オブ・ベケット) [単行本] / サミュエル ベケット (著); 安堂 信也, 高橋 康也 (翻訳); 白水社 (刊)

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫) [文庫] / 泉 鏡花 (著); 岩波書店 (刊)
posted by off-theater at 00:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

shelf『近代能楽集』より 「班女」

shelf.jpg


鳥の演劇祭3 鳥の演劇祭ショーケース参加作品
shelf『近代能楽集』より 「班女」

原作
三島由紀夫

構成・演出
矢野靖人

出演
川渕優子
櫻井晋
春日茉衣
たけうちみづゑ(chon-muop)

2010/09/17(金) 〜 2010/09/18(土)
鳥取 鳥の劇場・しかの心

"shelf"はbook shelf(本棚)の意。沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。俳優の「語り」に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。2008年8月『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』(作/ヘンリック・イプセン )利賀公演にて、所属俳優の川渕優子が利賀演劇人コンクール2008最優秀演劇人賞を受賞。同年10月、同作品名古屋公演(会場:七ツ寺共同スタジオ)にて、名古屋市民芸術祭2008審査員特別賞受賞。

鳥の演劇祭3

shelf

logo_top_s.jpg



近代能楽集 (新潮文庫)

近代能楽集 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1968/03
  • メディア: 文庫




posted by off-theater at 14:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ボタタナエラー『ユートピアやまだ』

yuutopia.jpg


ボタタナエラー『ユートピアやまだ』

作・演出
村田与志行

出演
大江雄一(汁) 櫻井晋(shelf) 佐瀬弘幸(SASENCOMMUN)
関藤隆治 大間剛志(HUSTLE MANIA) 畑雅之
広瀬貴史(tecconick) 村田与志行 高橋唯子
野村沙月(のむらんぷ) 古川直美

2010/09/01(水) 〜 2010/09/05(日)
八幡山 ワーサルシアター

ある地方の町にある、建設関係の会社が舞台。80年代バブル期の、リゾート開発ブームで建てられた、「ユートピアやまだ」というリゾート施設が近くにあるが、数年前に潰れて閉鎖されており、その解体、撤去作業を会社は請け負っている。

会社には、幼なじみといった仲の社員が少なくないが、素性のよく知れない作業員もいる。連日のハードな作業への不満や、給料など待遇面での不満が生まれ、また人間関係も円滑にいってなく、社内の雰囲気は結構悪い。特に会社に隣接する社員寮には、文句やグチの好きな者が多く住み、ほとんど最悪と言ってよい。

そんな社員寮の食堂で、地味な若い女が働き始める。女もよく素性が分からないが、自ら進んで寮内を丁寧に掃除したりと、かなり真面目な働きっぷりで、その行動が影響したのか、寮内や社内の空気が微妙に変化する。しかしその女は他の素性の知れない者たち以上に、どことなく怪しい感じもあり……

ボタタナエラー
posted by off-theater at 00:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

shelf『Voice, narrative and dialogue 04「紙風船/葉櫻」』

kishidachirashi2.jpg


shelf『Voice, narrative and dialogue 04「紙風船/葉櫻」』


岸田國士

演出
矢野靖人

出演
川渕優子
櫻井晋
春日茉衣
たけうちみづゑ (chon-muop)

2010/06/10(木)〜2010/06/14(月)
atelier SENTIO

Voice,narrative and dialoge は、俳優の声と語りを出来るだけそのまま素朴に味わいたくて続けて来た企画です。いつもはカフェなどで短い小説の語りなどをしているのですが、今回はアトリエ公演ということで、スケッチ風の短い戯曲を二編、取り上げてみました。

題材が戯曲ではありますが、俳優の声と語りを味わいたいというコンセプトは基本的には変わりません。

ただ、戯曲、というはなから発語されることを前提に書かれたテキストを扱うだけあって、劇作家の選択にはかえって少し、気を使いました。

結論を先に述べると、今回岸田國士を選んだのは、近代の作家のなかでは岸田が最も書き言葉としての台詞というものについて、つまり喋り言葉を書き写したものというのではなくて、書き言葉が音声化されることこそが演劇の台詞というものの本質なのだということを先鋭的に考えていた一人なのではないかと考えたからです。

あともう一つ、今回はこのシリーズで初めて戯曲を扱うということから、(現代戯曲ではなく)古典に描かれている“対話(若しくは会話)”を味わうというのはどういうことなのか。もう一度丁寧に考えなおしてみたいと思っています。

日本の近代戯曲は海外のものよりも近く見えて実はずっと遠いのじゃないか、というのが稽古をし始めている今の率直な感想です。

考え始めるとそもそも“他者の書いた言葉を演じることは本当に可能なのか?”という、深遠な、というか演劇につきまとう根本的な問題にぶつかってしまうのですが、

出来ることなら出来るだけその問題からも目を背けずに、愚直に創作に向き合っていきたいと思っています。

どうぞお楽しみに。

矢野靖人

shelf

stage15051_1.jpg



戯曲1 (岸田国士全集)

戯曲1 (岸田国士全集)

  • 作者: 岸田 国士
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1989/11
  • メディア: 単行本




posted by off-theater at 20:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。