2012年08月05日

劇団あおきりみかん『ここまでがユートピア』

stage29205_1.jpeg


劇団あおきりみかん『ここまでがユートピア』

作・演出
鹿目由紀

出演
木下佑一郎 松井真人 近藤絵理/みちこ(Wキャスト)
花村広大  木村仁美 手嶋仁美 
登澤良平 松野有加里 松井純子
山中崇敬 鹿目由紀 成田けい
カズ祥 山内庸平 正手道隆 

2012/08/02(木) 〜 2012/08/06(月)
座・高円寺1

2010年の劇作家協会新人戯曲賞を
名古屋出身の二人の劇作家が最優秀賞を同時受賞!
今回はその受賞作の競演。
「見逃した」では済まされない!

【あらすじ】
ユートピアを決定する戦いが繰り広げられている。
各々のユートピアは個別化の一途を辿っている。
「これ俺の陣地」と足で描くレベルまでに小さくなっている。
数歩進んだら、他人のユートピア。
迁闊に踏み込んだら、そこのユートピアルールに従わなければならない。
半径75cmの理想郷。
はてさて、なんでこうなったのか。
そして、これからどうなっちゃうのか。
右も左もユートピア。星の数ほどのユートピア。
幸せなのか不幸せなのか分からない陣地取りの遊び、いや合戦が始まる。
劇団あおきりみかんがお送りする、戦う喜劇の幕開け。

【佃典彦さん 評】
隔離された島で人間一人に半径75センチのテリトリーが与えられると言う政策に集められた人々の話。
衣食住が満たされた空間に不都合な人間関係。
ここに現代社会の縮図を見る思いで才能を感じました。

【劇団あおきりみかん:鹿目由紀】
一見奇抜なシチュエーションから繰り出される
「会話」と「関係」のズレを中心とした喜劇を上演している劇団あおきりみかん。
主宰で作・演出家、俳優の鹿目由紀は
劇作家協会東海支部プロデュース「劇王」で4連覇を達成するなど受賞歴多数。

劇団あおきりみかん

劇団あおきりみかん×オイスターズ「ここまでがユートピア×トラックメロウ」特設HP

ラベル:演劇
posted by off-theater at 14:00| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。