2012年07月05日

七ツ寺プロデュース『HR』

428862_386798534712146_529680794_n.jpeg


七ツ寺プロデュース『HR』
SENTIVAL!2012 参加作品

構成・演出
鳴海康平

出演
澤村一間 笹岡豪(双身機関) 真臼ねづみ
春日茉衣(shelf) たけうちみずゑ(Chon-moup)

2012/07/05(木) 〜 2012/07/07(土)
大山 SUBTERRANEAN

日本の伝統とコンテンポラリーな身体性の融合、美しい空間構成を駆使する演出で高い評価を得る鳴海康平が現代小説からインスパイアされたいくつかのイメージの断片を手がかりに創り上げたパフォーマンス色の強い実験的な演劇作品。2011年に名古屋に1ヶ月滞在、現地の中堅・若手俳優と共同製作で立ち上げた舞台を、今回はさらに名古屋・東京の演劇人によるコラボレーション企画としてリニューアルする。

七ツ寺プロデュース(愛知)

創立40周年を迎える名古屋の老舗小劇場・七ツ寺共同スタジオが自主事業のために設立した企画団体。先鋭的な劇作家や演出家とタイアップした、また多ジャンルにまたがるコラボレーション作品などの製作に取り組んでいる。代表作として、大須観音境内演劇『大須の杜のマンカイの下』(作・演出:進藤則夫 1997年)、『SPOOON』(構成・振付:山崎広太 1998年)、『りすん』(原作:諏訪哲史、脚本・演出:天野天街 2010年)がある。

七ツ寺共同スタジオ

SENTIVAL2012_face.jpeg
ラベル:演劇
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。