2012年06月24日

身体の景色『音と言葉と身体の景色 vol.7』

karada%20.jpeg


身体の景色『音と言葉と身体の景色 vol.7』

テキスト
「エレクトラ」他

構成・演出
身体の景色

出演
久保庭尚子 境宏子(リュカ.)
西田夏奈子 中島美紀(ポかリン記憶舎)
福寿奈央(青☆組) 小川恵子 村島智之
三島景太 岡野暢

2012/06/22(金) 〜 2012/06/24(土)
日暮里 d-倉庫

去年の春。静かな雨の日。
何気なく音楽を聴いている時、
エレクトラの台詞が浮かびました。
また幾つかのエレクトラとは直接関係のない
漠としたイメージの断片が浮かびました。
ソフォクレスの言葉を基本使用致しますが、
他の作家の言葉が入る可能性もあります。

身体の景色は戯曲と向き合っていない、
悪ふざけに過ぎない、破壊しているに過ぎない。
そんな意見があるようです。
論理的に戯曲を解釈するということが、また言葉を軸に世界を立ち上げることのみが、戯曲と向き合うということなのでしょうか。身体の景色はその行為を放棄していると一部の人に思われている様です。

戯曲を体内に取り込む。戯曲世界が身体の奥で暴れ変容する。のち一定の時間を経て身体から出てきたものが元の戯曲の形そのままでないのは当然と思います。また頭の表層部分で理解不能なものが発生するのも当然と思えます。その過程が戯曲を無視しているというのなら僕は「そうですか」と答える他ありません。「演劇はもっと懐が深く、豊かな装置です」と。

“リアル”と“意味がわかる”はイコールではありません。
僕は“意味”にあまり価値を見ることができずにいます。
その姿勢は身勝手で不親切だという人がいます。
そのことについては真剣に考える必要があります。
風通しの良い入口、そして明るい窓について。
身体の奥をノックするためのひとつとして。

初夏のひと時。身体の景色はいかがですか?
ご来場こころよりお待ち申し上げます。

身体の景色

ギリシア悲劇〈2〉ソポクレス (ちくま文庫) [文庫] / ソポクレス (著); 松平 千秋 (翻訳); 筑摩書房 (刊)
ラベル:演劇
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。