2012年05月01日

サンプル『自慢の息子』

stage26875_1.jpeg


サンプル『自慢の息子』


作・演出
松井周

出演
古舘寛治(サンプル・青年団)
古屋隆太(サンプル・青年団)
奥田洋平(サンプル・青年団)
野津あおい(サンプル)
兵藤公美(青年団)
羽場睦子

2012/04/20(金) 〜 2012/05/06(日)
※ 4/23、4/30休演
こまばアゴラ劇場

では、国境を決めましょう

【コメント】
「自立」を掲げるときは「依存」が露わになり、
「共存」を掲げるときは「孤立」の度合いが深まるとしたら、
私たちはどうにも幸せになれないし、さびしい。
だったらそんなスローガンよりも、他者への「感度」を上げていきたい。
五感を使って他者との境界線を感知しながら踏み越えたい。
俳優やスタッフとの作業によって、そんな思いを明確な形にすることができたと考えています。
旅(試練の?)に出ることで、この作品はまだまだ変化するでしょう。
是非初めての方も一度観た方も、何度でもじっくり味わっていただきたいと思います。

【あらすじ】
ある男がアパートの一室に独立国を作る。
アパートの隣の部屋には、騒音に近い音楽を聴きながら洗濯物を干す女。
ガイドに連れ添った母親が男の作った国を訪ねる。
日本からの亡命を試みる兄妹を連れながら…
そこから、彼らの奇妙な同居生活が始まる。
誰かの物語に組み込まれたり、忘れ去られたりと、
自分の物語すらかすめ取られていく登場人物たちの点滅劇。

サンプル

自慢の息子 [単行本] / 松井 周 (著); 白水社 (刊)
ラベル:演劇
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。