2012年05月29日

時間堂『ローザ』

stage26560_1.jpeg


時間堂『ローザ』

作・演出
黒澤世莉

出演
菅野貴夫 窪田優
直江里美 ヒザイミズキ

2012/05/16(水) 〜 2012/05/29(火)
※ 05/22休演
王子スタジオ1

■ものがたり
1919年1月15日、ローザは死ぬ。義勇軍に殴られ、殴られ、殴られ、殴られ、撃たれ、遺体は川に投げられる。

両端の燃える蝋燭のように、彼女は生きた。彼女は草木を愛した。彼女は山河を愛した。彼女は散歩を愛した。彼女は飼い猫ミミを愛した。彼女は料理を愛した。彼女は結婚せず、子供はいなかった。彼女は友人を愛した。彼女は手紙を愛した。彼女は文学を愛した。彼女は自由を愛した。

「自由とはいつでも、考えを異にする人のための自由である」

1919年1月15日、ローザは死ぬ。

熱狂と喪失、理想と現実、愚者と賢者の90分間、大人のための小劇場。
黒澤世莉三年ぶりの新作長編書きおろし、時間堂劇団員四人芝居。2012年5月、開幕。

時間堂

タグ:演劇
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

shelf『 [edit] 』

stage27847_1.jpeg


shelf『 [edit] 』
SENTIVAL!2012 参加作品

構成・演出
矢野靖人

出演
川渕優子 春日茉衣
小山待子(zacco) 日向野敦子
ミウラケン 金原並央(害獣芝居) 森祐介

2012/05/24(木) 〜 2012/05/27(日)
板橋 atelier SENTIO

自分のことをどうにも分かって貰えないような他者の存在にこそ“感謝”することが出来るか? という意味での他者への想像力。それは今・この時代を生きる我々の生きる意味、のようなものの謂いであると思う。個が個であることのどうしようもなさを描きたい。様々なテクストをコラージュした作品になると思う。戯曲ありきではなく稽古場で集団から身体から、そして交わされる言葉から立ちあげる舞台作品を作りたいと思う。

shelf

SENTIVAL!2012

SENTIVAL2012_face.jpeg


アンティゴネー (岩波文庫) [文庫] / ソポクレース (著); 呉 茂一 (翻訳); 岩波書店 (刊)
タグ:演劇
posted by off-theater at 19:00| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

劇団ARATA『くさり。』

劇団ARATA『くさり。』

「金木犀のジャム」

作・演出
さとうめぐみ

出演
瀧内麻理 佐藤泰子
新倉樹里 佐藤恵 (ダブルキャスト)
細川栞 熊崎郁美 (ダブルキャスト)

「メイドとオオカミと少女の話」


藤田瑞希

演出
さとうめぐみ

出演
ごとうあい いがらしのぞみ みついしゅう

2012/05/18(金) 〜 2012/05/19(土)
原宿 Design Festa Gallery
タグ:演劇
posted by off-theater at 18:00| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

サンプル『自慢の息子』

stage26875_1.jpeg


サンプル『自慢の息子』


作・演出
松井周

出演
古舘寛治(サンプル・青年団)
古屋隆太(サンプル・青年団)
奥田洋平(サンプル・青年団)
野津あおい(サンプル)
兵藤公美(青年団)
羽場睦子

2012/04/20(金) 〜 2012/05/06(日)
※ 4/23、4/30休演
こまばアゴラ劇場

では、国境を決めましょう

【コメント】
「自立」を掲げるときは「依存」が露わになり、
「共存」を掲げるときは「孤立」の度合いが深まるとしたら、
私たちはどうにも幸せになれないし、さびしい。
だったらそんなスローガンよりも、他者への「感度」を上げていきたい。
五感を使って他者との境界線を感知しながら踏み越えたい。
俳優やスタッフとの作業によって、そんな思いを明確な形にすることができたと考えています。
旅(試練の?)に出ることで、この作品はまだまだ変化するでしょう。
是非初めての方も一度観た方も、何度でもじっくり味わっていただきたいと思います。

【あらすじ】
ある男がアパートの一室に独立国を作る。
アパートの隣の部屋には、騒音に近い音楽を聴きながら洗濯物を干す女。
ガイドに連れ添った母親が男の作った国を訪ねる。
日本からの亡命を試みる兄妹を連れながら…
そこから、彼らの奇妙な同居生活が始まる。
誰かの物語に組み込まれたり、忘れ去られたりと、
自分の物語すらかすめ取られていく登場人物たちの点滅劇。

サンプル

自慢の息子 [単行本] / 松井 周 (著); 白水社 (刊)
タグ:演劇
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。