2011年07月31日

ボタタナエラー『モンモンハウス』

botatana.jpg


ボタタナエラー『モンモンハウス』

作・演出
村田与志行

出演
東俊樹(SPINNERS) 櫻井晋(shelf)
佐瀬弘幸(SASENCOMMUN) 関藤隆治
大間剛志(HUSTLE MANIA) 中野博文(忍びこみ)
畑雅之 広瀬貴史(tecconick) 村田与志行
川崎桜 高橋唯子 高見綾(ACOLT)
古川直美 松下知世

2011/07/27(水) 〜 2011/07/31(日)
下北沢 「劇」小劇場

組長がかつて住んだ屋敷の、敷礼ゼロのお得なお部屋。
今夜もゴロゴロ、月見酒。「やれん渡世じゃのう」

あらすじ
ヤクザの組長がかつて住んでいた屋敷が舞台。組長は他界しており、組も解散していて、現在は(組長の)長女とその夫、次女が住んでいる。屋敷の敷地内には使われていない離れ家があり、長女の友人が所属するボランティア団体から、一時的にその離れ家に、ホームレス状態にある若者を住まわせてほしいと頼まれる。

ボタタナエラー
posted by off-theater at 18:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

マーク義理人情『俺とお前で俺達だ!!』

magiri.jpg


マーク義理人情『俺とお前で俺達だ!!』

作・演出
マーク義理人情

出演
成瀬功 高橋康則 岡崎智浩
瀧澤孝則(HUTSLE MANIA)
竹田大将(劇男) 新井幹久(Yuck.)
千田里美(HUTSLE MANIA)

2011/07/07(木) 〜 2011/07/10(日)
高田馬場 プロト・シアター

二年間の沈黙を経て
あの伝説の危ない奴らが
帰ってきた!

マーク義理人情
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

ハイリンド『牡丹燈籠』

牡丹燈籠.jpeg


ハイリンド『牡丹燈籠』

原作
三遊亭円朝

構成・演出
西沢栄治(JAM SESSION)

出演
伊原農 枝元萌 多根周作 はざまみゆき
小林愛 阿川竜一(温泉ドラゴン) 鬼塚俊秀
牛水里美(黒色綺譚カナリア派) 田中千佳子
小豆畑雅一(青年座)

2011/07/01(金) 〜 2011/07/10(日)
日暮里 d-倉庫

命懸けの逢瀬。
命懸けの忠義。
命懸けの裏切り。

落語中興の祖・三遊亭円朝が描いた壮大な大河ドラマは
今も変わらぬ逃れがたき人間の業、欲、そして孝。

2006年、原作を忠実にオリジナル構成。
劇団史上最も再演希望の高かった
ハイリンド版『牡丹燈籠』。

更に深く、新しく。


[あらすじ]
幼き頃殺された父の仇討を果たしたい孝助は、武家である旗本・飯島平左衛門の屋敷に拾われ、日夜奉公と修行に励む。
親子と違わぬ情と信頼で互いの絆を深め合う二人であったが
主の飯島平左衛門こそ、孝助の父を殺めたその人であった。二人に訪れる義理義理の関係。
一方その飯島平左衛門の娘・お露と浪人・萩原新三郎。
一度の出会いで互いに強く惹かれ合い、想いを募らせてゆく。
夜な夜な燈籠片手に新三郎の元に足しげく通うお露。
逢瀬を重ねる新三郎は、彼女が既にこの世の者でない事など露知らず…。

複雑に絡み合う因果。
壮大な大河ドラマが最後に見せる鮮やかな顛末やいかに。

ハイリンド
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

タテヨコ企画『すくすく』

sukusuku-omote-L.jpeg


タテヨコ企画『すくすく』

作・演出
横田修

出演
青木柳葉魚 大塚あかね 舘智子
舘野完 西山竜一 久行しのぶ
向原徹 遊佐絵里 (以上タテヨコ企画)
青海衣央里(東京タンバリン) 五十嵐明(青年座)
伊藤真奈美(THEフォービーズ) 今村洋一(地下空港)
熊谷力丸 芝原弘(黒色綺譚カナリア派)
平佐喜子(Ort-d.d) ハマカワフミエ

2011/06/30(木) 〜 2011/07/04(月)
吉祥寺シアター

■すくすくとは?■
“コドモの場所でオトナが遊ぶ”
2011 年のタテヨコ企画本公演、第1弾となる『すくすく』
2005年に本物の幼稚園にて上演した同名作品を劇場向けに再構築!劇中劇で使用した創作
絵本「すくすく」。その摩訶不思議な世界を押し広げることで童話的な物語と人間の物語が
溶け合った新しいタテヨコワールドを立ち上げます。

□あらすじ□
休日の幼稚園。
その日、一組の卒園生夫婦が見学に来る。
若い夫婦にはまだ子供がなく、夫は子供が嫌いだった。
同じくその日は教員と保護者有志が一週間後に迫った子供向けミュージカル「すくすく」の練習に精を出していたが、主人公をやるはずだったお父さんが過労で入院。
ひょんなことから卒園生夫婦の夫が代役をやることに・・・。
ミュージカル原作であるオリジナル絵本「すくすく」の世界を背景に、今の時代に子供と向き合う大人達の様々な様相が垣間見える。
果たしてミュージカルは完成するのか?

タテヨコ企画
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。