2011年03月30日

La+laboratory #1 in Shizuoka

La+laboratory #1 in Shizuoka

『オイディプス王』

原作
ソポクレス

構成・演出
石井幸一

上演
一徳会/K.A.G


『S高原から』

原作
平田オリザ

構成・演出
岡田圓

上演
花傳[KADEN]


『芝居』
原作
S.ベケット

構成・演出
矢野靖人

出演
川渕優子 櫻井晋 春日茉衣 石原愛子

shelf


『天守物語』

原作
泉鏡花

構成・演出
渡辺亮史

上演
劇団渡辺

青空文庫 『天守物語』


2011/03/30(水)
静岡芸術劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」


La+(ラプラス)とは?

もっと日本の演劇の未来を面白くゆこう!と、いろんな企画を実行する演劇運動体。
2010年、日中韓の演劇人により催された第17回BeSeTo演劇祭関連企画「BeSeTo+」より派生した。
いろんな地域から集まった演劇人が、日本各地での移動演劇祭開催、ワークショップ、演劇的人材育成企画などなどを画策中。
今回の企画に参加しているメンバーは
石井幸一(一徳会/K.A.G)
岡田圓(花傳[KADEN])
志賀亮史(百景社)
鳴海康平(第七劇場)
矢野靖人(shelf)
渡辺亮史(劇団渡辺)  ・・・[五十音順]


La+laboratory #1 in Shizuoka とは?

演劇運動体 La+ による演劇実験企画の第一回開催。
東京、千葉、茨城、静岡を拠点に活動する6劇団約40名が参加。
今回は、静岡県舞台芸術センター芸術総監督 宮城聰氏により設定された演劇的テーマ「神」をもとに志賀亮史(百景社)、鳴海康平(第七劇場)が上演用戯曲を選択。
4つの劇団が、静岡県舞台芸術公園での5日間の稽古を経て、意見交換と成果発表を行う。


オイディプス王

東京ノート・S高原から (平田オリザ戯曲集) [単行本] / 平田 オリザ (著); 晩聲社 (刊)

しあわせな日々/芝居 (ベスト・オブ・ベケット) [単行本] / サミュエル ベケット (著); 安堂 信也, 高橋 康也 (翻訳); 白水社 (刊)

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫) [文庫] / 泉 鏡花 (著); 岩波書店 (刊)
posted by off-theater at 00:00| 演る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

身体の景色『音と言葉と身体の景色 vol.6』

stage19711_1.jpg


身体の景色『音と言葉と身体の景色 vol.6』

原作
別役実

構成・演出
身体の景色・田中圭介

出演
「舞え舞えかたつむり」
山本芳郎(山の手事情社) 三島景太(SPAC)
岡野暢

「椅子と伝説」
吉植荘一郎(ク・ナウカ オフィス)
小川恵子(イプセンを上演する会)
石井統 深町麻子(キンダースペース)
中村太一 福寿奈央

2011/03/25(金) 〜 2011/03/27(日)
日暮里 d-倉庫

1974年に発表された別役実氏の「舞え舞えかたつむり」と1978年に発表された同氏の「椅子と伝説」を山の手事情社、クナウカ、SPACの主要俳優の身体を軸に再構成。二本立てでお送りする音と言葉と身体の景色、3年振りのオムニバス!

身体の景色

(稽古場・中台地域センターにて通し稽古見学)

天才バカボンのパパなのだ―別役実戯曲集 [単行本] / 別役 実 (著); 三一書房 (刊)

椅子と伝説 (1974年) (書下ろし新潮劇場) [−] / 別役 実 (著); 新潮社 (刊)

なごり雪 [Single, Maxi] / イルカ (その他); イルカ (演奏); 伊勢正三, 松任谷正隆, 佐藤允彦 (その他) (CD - 2002)

地上の星/ヘッドライト・テールライト [Single, Maxi] / 中島みゆき, 瀬尾一三 (その他) (CD - 2000)

DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ / 松本隆, 萩田光雄, 筒美京平 (その他) (CD - 2001)
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

青年団若手公演『バルカン動物園』

stage19066_1.jpg


青年団若手公演『バルカン動物園』

作・演出
平田オリザ

出演(Aチーム)
天明留理子 秋山建一 熊谷祐子
村井まどか 安倍健太郎 小林亮子
立蔵葉子 村田牧子 山本裕子
海津忠 齋藤晴香 中村真生
伊藤毅 折原アキラ 菊池佳南
小瀧万梨子 重岡漠 島田桃依
星野拓也 緑川史絵 由かほる
ブライアリー・ロング

2011/03/18(金) 〜 2011/03/28(月)
こまばアゴラ劇場

人類は生物進化の果てにいるはずなのに、私たちは、どうしてこんなに悲しいんだろう

202×年、ヨーロッパの大戦で死亡した天才科学者の脳だけが生きのこる。
その脳の受け入れを巡って延々と交わされる先端科学の議論と膨大な無駄話。
1997年初演、同時多発会話演劇の頂点と言われる超大作、久々の再演です。

青年団

バルカン動物園 (ヨムゲキ100) [−] / 平田 オリザ (著); ENBU研究所 (刊)
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

中野成樹+フランケンズ『ザ・マッチメーカー』

stage17880_1.jpg


中野成樹+フランケンズ『ザ・マッチメーカー』

原作
ソーントン・ワイルダー (『The Matchmaker』より)

誤意訳・演出
中野成樹

翻訳
水谷八也

出演
村上聡一 福田毅 洪雄大
竹田英司 田中佑弥 野島真理
石橋志保 斎藤淳子
斉藤範子(Theatre劇団子) 小泉真希 北川麗
伊原農(ハイリンド) 多根周作(ハイリンド)

ピアノ
西井夕紀子

2011/02/25(金) 〜 2011/03/06(日)
※ 3/1(火)休演
座・高円寺1

業突張りの主人と、その財産を狙う昔なじみの女性。一癖も二癖もあるこの二人はいつだって丁々発止。
お金、結婚、遊び、その必要性を考慮しつつ、ナカフラなりに人生を悟ります。
そういうもんかもしれないなあ。

中野成樹+フランケンズ

結婚仲介人 (ソーントン・ワイルダー戯曲集) [単行本] / ソーントン ワイルダー (著);...
posted by off-theater at 15:00| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

劇作家協会 月いちリーディング『激流としるし』

劇作家協会 月いちリーディング『激流としるし』


ヒロセエリ

出演
瓜生和成(東京タンバリン) 円城寺あや
奥山隆(劇団オフィス3○○) 川渕優子(shelf) 竹田まどか
中嶌聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
中道美穂子(クレイジーボックス) 西田夏奈子
西村舞子 三原玄也(オフィスクロキ)
森谷由希子

2011/03/05(土)
座・高円寺けいこ場

劇作家協会が'10年6月から行なっている『月いちリーディング』は、その名の通り、毎月開催のリーディング・ワークショップです。
俳優によるリーディングのあと、その場に集った全員で戯曲についてディスカッション。

多方向からのディスカッションは、演劇に携わる方にはもちろん、より深い観劇をしたいとお思い方にも興味深いであろうものです。
戯曲のご応募は、劇作家協会会員及び当協会主催“戯曲セミナー”卒業生の方々に限りますが、参観はどなたでもお申込みいただけます。
多くの方のご応募とご来場をお待ちしております。

劇作家協会 月いちリーディング
posted by off-theater at 18:00| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

菅間馬鈴薯堂『漱石小遣帖』

potate.jpg


菅間馬鈴薯堂『漱石小遣帖』

作・演出
菅間勇

出演
小田豊(岡村本舗) 稲川実代子
舘智子(タテヨコ企画) 瀬戸口のり子
千田里美(HUSTLE MANIA) 代田正彦(北区つかこうへい劇団)
大塚秀記 好宮温太郎(タテヨコ企画)
西山竜一(タテヨコ企画) 加藤和彦 堀暁子
辻川幸代(ニュアンサー) 新井幹久(Yuck.)
高橋康則(マーク義理人情)

2011/03/02(水) 〜 2011/03/07(月)
王子小劇場

夏目漱石と鏡子夫妻の暗く壮絶で、底抜けに愉快な生活風景のエピソードです。

菅間馬鈴薯堂
posted by off-theater at 19:30| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。